糖尿病生活習慣病甲状腺治療
電話番号 06-6732-2876

〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪2-14-9
YANO八戸ノ里駅前ビル5F

近鉄八戸ノ里すぐ

東大阪市の内科 糖尿病 生活習慣病 甲状腺治療なら竹川内科クリニック

糖尿病

EPARK クリニック・病院 ネット受付はこちらから

※栄養相談・食事指導をご希望の方は、直接お電話ください。

MOBILE SITE

糖尿病とは

近年、生活習慣の変化によってわが国の糖尿病患者数はますます増加しています。しかし、数々の新しい薬が開発され、治療法も進歩し、現在では個々の患者さんに適した治療法を選択できるようになりました。
良好な血糖コントロールを維持することで、腎臓や眼の合併症、動脈硬化などの合併症を防ぐことが可能であり、糖尿病を治療しながら豊かな生活を送れるようになりました。

糖尿病は自覚症状が少なく、身体の中、主に血液中でどのようなことが起こっているのか、非常に実感しにくい病気です。ご本人や家族が糖尿病を正しく理解することが、糖尿病の治療と適切な自己管理を積極的に進めるうえで、大切です。

糖尿病の種類と原因

  特徴 治療
1型糖尿病 1型糖尿病はすい蔵のβ細胞が、自己免疫という自分自身の細胞を壊してしまうメカニズムにより破壊され、インスリンが分泌できなくなる病気です。そのため、インスリンの分泌量が非常に低下するので、外からインスリンを注射により補ってあげる治療を行います。このタイプの糖尿病は全体の数%です。 インスリン注射
食事・運動療法
2型糖尿病 2型糖尿病はインスリンの分泌が低下するか、あるいは作用が相対的に低下し、その結果起こる糖尿病です。肥満、食べ過ぎ、高脂肪食、ストレス、加齢、遺伝的体質などがあいまって起こります。日本人の糖尿病はほとんどが2型です。 食事・運動療法
経口血糖降下薬
妊娠糖尿病 妊娠中には、胎盤からインスリンの作用を抑えるホルモンが分泌されます。そのため、妊娠中には糖尿病を起こすことがあります。特に妊娠末期には注意が必要です。家族に糖尿病患者さんがいらして、妊娠糖尿病と診断された方は、将来糖尿病になる可能性があるので注意しましょう。 食事療法
インスリン注射
特定の原因による
その他の糖尿病
ここに分類される糖尿病には内分泌疾患、たとえばバセドウ病、クッシング症候群、副腎質ホルモンの服用により糖尿病が引き起こされることもあります。
他には、肝臓の病気、たとえば慢性肝炎や肝硬変から糖尿病が引き起こされることもあります。インスリンはすい臓から分泌されるので、すい臓の病気のある方、すい臓を手術でとってしまった方も糖尿病になります。
また遺伝子の異常による糖尿病もあります。遺伝子情報の異常により、インスリンの分泌量や効き方に変化が起こり発病する。
食事・運動療法
経口血糖降下薬

糖尿病の治療

糖尿病の治療には、合併症の発症・進行を予防するために高血糖を是正すること、つまり血糖コントロールがすべて基本となります。血糖コントロールの手段は、食事療法、運動療法、薬物療法の三つが柱となります。

食事療法 運動療法 薬物療法

 

食事療法

糖尿病であるなら、食事療法は絶対に必要です。食事で余分なエネルギーをとってしまうと、それを処理するのは大変だからです。適切なエネルギー摂取量に抑えるほうが、血糖コントロールより楽に行えます。

実際、食事が乱れていれば、他の治療法の効果はあまり反映されません。その意味でも、食事療法は糖尿病治療の根幹となる治療法です。2型糖尿病の場合、厳格に食事療法を守るのであれば、7割以上の患者さんがそれだけでコントロールが可能です。
具体的には病院で栄養士から指導を受けたり、講習会に参加するなどして、栄養バランスの取れた食事の仕方を習得するようにします。最近では、糖尿病食のレトルト食品、カロリー計算された食事・食材の宅配、栄養計算が簡単にできるソフトなど食事療法をサポートするためのサービスが向上してきています。

 

運動療法

運動で体内に溜まったエネルギーを消費すると血糖値は下がります。また、インスリンの細胞レベルでの働きが高まり(インスリン感受性が高くなり)、血糖コントロールがしやすくなります。さらに、血行がよくなる、ストレスが解消される、皮下脂肪が減る、骨格筋が増える、生活の活動度が高まるなど、多くの効果を得られます。

運動の種類は、日常できるものならどんな運動でもかまいませんが、できるだけ全身を動かすものが勧められます。それまであまり運動をしていなかった場合には、次第に強い運動に移るようにしてください。週末だけとか、運動の間隔があきすぎるのは好ましくなく、できれば毎日できる運動を選びましょう。それには、「歩くこと」が最も勧められます。

 

薬物療法

食事療法と運動療法だけではコントロールがうまくできないとき、薬物療法を追加します。経口血糖降下薬(飲み薬)を用いる内服療法と、インスリンを注射で補充するインスリン療法の、ふたつの形式の薬物療法が行われています。
また、最近主流のインクレチン関連薬による薬物療法も行っております。

経口血糖降下薬はすい臓からのインスリン分泌を増やしたり、細胞のインスリン感受性を高めて血糖値を下げます。インスリン療法は直接体外から補充したインスリンが、血糖降下を助けます。どちらの薬物療法をいつから始めるかは、患者さんの糖尿病のタイプや病状、合併症の進行具合など、さまざまな要因を総合して決められます。

糖尿病食は健康食

糖尿病の食事療法は、糖尿病治療の良し悪しを左右する欠かすことのできない治療で、薬物療法の勝るとも劣らない最高の特効薬であるともいえます。
また、治療食であると同時に、健康で長生きするための食生活の原則を備えた健康食であるともいえます。

糖尿病の食事療法を続けることのより、半数ぐらいの方は食事療法だけで血糖コントロールが良好となり、なかには糖尿病から「境界型糖尿病」、時には「正常型」にさえなる人もおられます。
現代はグルメブームに飽食の時代、テレビのチャンネルを回せばグルメ番組のない日はありません。
一方では、健康食やダイエット食などの情報が氾濫しており、間違った知識も得やすく、安易に民間療法に頼ったりされる人もおられますが、糖尿病の食事療法は最高お特効薬であり健康食です。俗説や民間療法に惑わされないで、気長に続けられることが大切です。